平成11年11月27日改訂
平成23年11月12日改訂
平成25年9月3日改訂
平成28年11月18日改訂
令和元年12月19日改訂


「日本教科教育学会誌」投稿・執筆要項

1.論文は,未公刊の和文のものに限る。ただし,口頭発表,ポスター発表の場合はこの限りではない。

2.著者は,すべて本学会会員に限る。

3. 原著論文,展望,評論,資料の長さは,本誌のページ数で10ページ(図表等を含めて,刷り上がり10ページ)までとする。本誌の1ページの文章部分は,横22字,縦43行で2段組とする。なお,刷り上がりのページ数が10ページを超過した場合は,1ページにつき5千円を申し受ける。また,超過ページ数は原則として4ページ以内とする。

4.提出原稿はA4判(縦)とし,原稿の第1ページには,表題,著者名,所属機関,抄録邦文400字およびキーワード(5個以内)を入れる。また,最終ページに英文の表題,著者名,所属機関,500語以内の抄録,キーワード(5個以内)を入れる。

5.記述は簡潔かつ明瞭にし,常用漢字,現代仮名遣いによる。数字は算用数字を用いる。また,固有名詞以外の外国語は,できる限り訳語を用い,必要な場合は初出の際のみ原綴を付する。

6.図表等は,原則として原稿本文に組み込む。

7.引用文献は,本文中の該当箇所に,以下の例に示すように記載する。

(1)著者が1人の場合
 著者の姓および発行年を本文中に挿入する。

  ・・・(中原, 2008)。
  ・・・(Lewis, 2002)。

  中原(2010)は,・・・。
  Lewis(2002)は,・・・。

(2)著者が2人の場合
 両方の著者の姓および発行年を本文中に挿入する。

  ・・・(野地・秋山, 1997)。
  ・・・(Lesh & Kelly, 1997)。

  野地・秋山(1997)は,・・・。
  Lesh and Kelly(1997)は,・・・。

(3)著者が3人以上の場合
 著者が3〜5人の場合は,文献の初出の時点ですべての著者の姓を表記し,以降の引用では,第一著者の姓の後に「ら」や"et al."などを付す。著者が6人以上の場合は,初出の時点から,第一著者の姓の後に「ら」や"et al."などを付す。いずれにおいても発行年を挿入する。

8.引用文献は,論文末尾に下記の記載方法にしたがって記載する。

 ・日本語文献と外国語文献を分けず,著者名(姓)のアルファベット順とする。
 ・表記が2行以上の場合,2行目以降を全角2文字分字下げする。
 ・著者が8名以上場合は,第1から第6著者までを書き,途中の著者は,"…(ピリオド3つ)"で省略表記し,最後の著者を記載する。


日本語文献:
(1)学術誌の論文
 著者名(西暦)「タイトル」『雑誌名』巻(号), ページ. の順に記載する。

  蛯谷米司(1987)「教科教育学の研究について」『日本教科教育学会誌』12(3), 30-32.

(2)書籍
・単著・共著
 著者名(西暦)『書籍名』出版社. の順に記載する。著者が7人以内の時は,「・(中点)」でつなぐ。

  角屋重樹(2013)『なぜ,理科を教えるのか―理科教育がわかる教科書』文溪堂.
  武村重和・大漉英好(1992)『理科よい授業わるい授業』国土社.

・編著
 編著者名(編)(西暦)『書籍名』出版社. の順に記載する。

  日本教科教育学会(編)(2015)『今なぜ、教科教育なのか―教科の本質を踏まえた授業づくり』文溪堂.

・編集書中の特定章
 著者名(西暦)「タイトル」編著者名(編)『書籍名』出版社. の順に記載する。

  大高泉(2015)「現代の教育課題に教科はどのように取り組むか」日本教科教育学会(編)『今なぜ、教科教育なのか―教科の本質を踏まえた授業づくり』文溪堂, 23-28.

・翻訳書
 原著者名(翻訳書刊行年)翻訳者名(訳)『翻訳書籍名』出版社. (Original work published 原書刊行年など)の順に記載する。

  ライチェン, ドミニク・S & サルガニク, ローラ・H(編著)(2006)立田慶裕 (監訳)今西幸蔵・岩崎久美子・猿田祐嗣・名取一好・野村和・平沢安政(翻訳)『キー・コンピテンシー―国際標準の学力をめざして』明石書店. (Original work published 2003)

(3)オンラインからの引用
 著者名(西暦)「タイトル」URLの順に記載する。

  文部科学省(2008)「小学校学習指導要領解説総則編」http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/
micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2009/06/16/1234931_001.pdf


外国語文献:
・原則,APAスタイルに準拠する。
・著者が複数の場合は,「,(カンマ)」でつなぎ,最後の著者の前に「&(アンド)」を書く。
・編著者が1人の場合はEd. 複数の場合はEds. と省略表記する。

(1)学術誌の論文
 著者名 (西暦). タイトル, 雑誌名, (号), ページ. の順に記載する。

  Ball, D. L., Thames, M. H., & Phelps, G. (2008). Content knowledge for teaching what makes it special?, Journal of Teacher Education, 59(5), 389-407.
  Lederman, N. G. (1992). Students’ and teachers’ conceptions of the nature of science: A review of the research. Journal of Research in Science Teaching, 29(4), 331-359.

(2)書籍
・単著・共著  著者名 (西暦). 書籍名. 出版社. の順に記載する。

  Kuhn, T. S. (1962). The structure of scientific revolutions. University of Chicago Press.

・編著
 編著者名 (Ed.またはEds.), (西暦). 書籍名. 出版社. の順に記載する。

  English, L. D., & Kirshner, D. (Eds.). (2016). Handbook of international research in mathematics education (100 Cases) (3rd ed.). Routledge.

・編集書中の特定章
 著者名 (西暦). タイトル, In 編著者名 (Ed.またはEds.), 書籍名 (pp.ページ). 出版社. の順に記載する。

  Dunber, K., & Fugelsang, J. (2005). Scientific thinking and reasoning, In K. J. Holyoak & R. G. Morrison (Eds.), The Cambridge handbook of thinking and reasoning (pp.705-725). Cambridge University press.

(3)オンラインからの引用
 著者名 (西暦). タイトル. URLの順に記載する。

  American Psychological Association (2013). Publication manual of the American psychological association, 6th edition (introduction). http://www.apastyle.org/manual/introduction.pdf

9.論文の投稿に際しては,学会ホームページから論文投稿システムにログインし,電子ファイル(1.論文(Wordまたはテキスト抽出可能なPDF),2.氏名・所属情報をマスキング処理した論文(PDF))を提出すること。


 戻る